skip to Main Content
NBAファイナルを勝てなかった10人の名選手

過去も現在も多くの名選手が活躍するNBA。しかし、彼らの中には一度もNBAファイナルを勝つことなく、そのキャリアを終えた選手がいます。ここではそんな不運な名選手を紹介していきます。

1. チャールズ・バークレー

言わずと知れた史上最高のPFの1人、バークレー。76ers等に所属し、11度のオールスター出場。1993年にはリーグMVPにも輝いています。彼がファイナルを勝てなかった理由はただ1つ、バスケットの「神」マイケル・ジョーダンと同時代にプレーしたからです。

2. カール・マローン

バークレーと同様の理由でファイナルを勝てなかった史上最高のPFがもう1人います。もちろんそれはマローンです。ジャズ等に所属し、NBA史上2位の得点記録、14度のオールスター出場を果たしながら、彼もジョーダンに勝つことはできませんでした。

3. ジョン・ストックトン

マローンと来たら、相棒のストックトンも外すことはできません。ジャズ一筋のPGであった彼は、10度のオールスター出場を果たし、マローンと共に2度ファイナルでジョーダンに挑みましたが、勝利をあげることはできませんでした。

4. アレン・アイバーソン

稀代のスコアラー、アイバーソンも、ファイナルに勝てなかった1人です。76ers等で活躍し、10度のオールスター出場。2001年はリーグMVPを獲得しファイナルに挑みますが、当時最強のレイカーズに敗れました。

5. スティーブ・ナッシュ

NBA史上に残る名PG、ナッシュもファイナルに勝てませんでした。サンズ等に所属し、オールスターに8度出場した彼は、ファイナルの舞台に立つことすら叶わず現役を終えました。

6. エルジン・ベイラー

レイカーズで活躍した伝説的なSF、ベイラーも、ファイナルに勝つことができませんでした。11度オールスター出場を果たし、8度もファイナルの舞台に立ちながら、全盛期セルティクスの高い壁を越えることができませんでした。

7. ジョージ・ガービン

スパーズ、ブルズに所属し、9度オールスターに出場したガービンですが、チームメイトに恵まれず、ファイナル出場は叶いませんでした。

8. パトリック・ユーイング

ニックス等で活躍し、オールスター11度出場のユーイングも、マイケル・ジョーダンの被害者の1人です。

9. ドミニク・ウィルキンス

ホークス等でプレーし、9度オールスターに出場したウィルキンスですが、ブルズの壁を越えることができず、ファイナル進出は叶いませんでした。

10. レジー・ミラー

ペイサーズ一筋で活躍し、オールスターに5度出場のミラーも、ジョーダンと戦い、そして敗れました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *