skip to Main Content
東京アパッチの連勝は5でストップ

東京アパッチは1月26日(水)の試合、91対87でライジング福岡に敗れ連勝は5でストップとなりました。

ハーフタイムを2点差を追う形で折り返し、第3クォーター終了時には5点リードと巻き返しに成功。しかし、終盤でのシュート率の悪さが響き逆転され、そこから最後まで追いつくことはできませんでした。

#24仲摩純平選手が7分の4の3ポイントを含む20点でチームトップ。#11青木康平選手が15点、#31ロバート・スウィフト選手が12点15リバウンドのダブルダブル、さらに4ブロックも記録しました。

リバウンド数合計は東京41に対し福岡39と上回りましたが、東京アパッチは試合を通じて20ものターンオーバーを犯しました。

福岡チームでは#3マイケル・パーカー選手が23点。#2ジャトーヴィアス・ヘンダーソン選手が13点10リバウンドを記録しました。

第2戦は27日(木)19時15分ティップオフです!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *