skip to Main Content
NBA Players Who Never Won A Championship

NBAファイナルを勝てなかった10人の名選手

過去も現在も多くの名選手が活躍するNBA。しかし、彼らの中には一度もNBAファイナルを勝つことなく、そのキャリアを終えた選手がいます。ここではそんな不運な名選手を紹介していきます。 1. チャールズ・バークレー 言わずと知れた史上最高のPFの1人、バークレー。76ers等に所属し、11度のオールスター出場。1993年にはリーグMVPにも輝いています。彼がファイナルを勝てなかった理由はただ1つ、バスケットの「神」マイケル・ジョーダンと同時代にプレーしたからです。 2. カール・マローン バークレーと同様の理由でファイナルを勝てなかった史上最高のPFがもう1人います。もちろんそれはマローンです。ジャズ等に所属し、NBA史上2位の得点記録、14度のオールスター出場を果たしながら、彼もジョーダンに勝つことはできませんでした。 3. ジョン・ストックトン マローンと来たら、相棒のストックトンも外すことはできません。ジャズ一筋のPGであった彼は、10度のオールスター出場を果たし、マローンと共に2度ファイナルでジョーダンに挑みましたが、勝利をあげることはできませんでした。 4. アレン・アイバーソン 稀代のスコアラー、アイバーソンも、ファイナルに勝てなかった1人です。76ers等で活躍し、10度のオールスター出場。2001年はリーグMVPを獲得しファイナルに挑みますが、当時最強のレイカーズに敗れました。 5. スティーブ・ナッシュ NBA史上に残る名PG、ナッシュもファイナルに勝てませんでした。サンズ等に所属し、オールスターに8度出場した彼は、ファイナルの舞台に立つことすら叶わず現役を終えました。 6. エルジン・ベイラー レイカーズで活躍した伝説的なSF、ベイラーも、ファイナルに勝つことができませんでした。11度オールスター出場を果たし、8度もファイナルの舞台に立ちながら、全盛期セルティクスの高い壁を越えることができませんでした。 7. ジョージ・ガービン スパーズ、ブルズに所属し、9度オールスターに出場したガービンですが、チームメイトに恵まれず、ファイナル出場は叶いませんでした。 8. パトリック・ユーイング ニックス等で活躍し、オールスター11度出場のユーイングも、マイケル・ジョーダンの被害者の1人です。 9. ドミニク・ウィルキンス ホークス等でプレーし、9度オールスターに出場したウィルキンスですが、ブルズの壁を越えることができず、ファイナル進出は叶いませんでした。 10. レジー・ミラー ペイサーズ一筋で活躍し、オールスターに5度出場のミラーも、ジョーダンと戦い、そして敗れました。

Read More
バスケットボール

バスケットボール:スポーツバスケットボールのすべてを学びましょう

バスケットボールは世界中でプレーされている人気のあるスポーツであり、多くの国で国のスポーツでもあります。スポーツはフープとボールを使って行われます。プレーヤーは、敵を攻撃し、フープにボールを通すことでポイントを獲得します。 なぜバスケットボールは人気があるのですか? バスケットボールの人気は、いくつかの理由によるものです。 •プレーしやすい:厳しい規則や規制によりゲームは少し複雑になる可能性がありますが、スポーツは簡単にプレーできます。必要なのはフープとボールだけです。世界中の多くの国、特に米国では、地面にフープを設置しており、唯一の要件はボールです。 •遊ぶのが楽しい:スポーツはペースの速いゲームプレイに従い、各プレーヤーのコースは大まかに定義され、各プレーヤーは防御または攻撃のターンを取得します。ボールのシュートやドリブルには練習が必要ですが、習得したら、攻略するのがとても楽しいです。ゲームをプレイするのに大勢の群衆を必要とせず、2人でプレイすることもできます。 •見るのが楽しい:スポーツが楽しいのと同じように、ペースの速いゲームプレイのため、見るのも楽しいです。 •全天候型スポーツです。クリケットやフットボールとは異なり、屋内でもプレーできるウィンタースポーツです。 ゲームのルール •バスケットボールはチームゲームです。つまり、プロとしてプレーする場合、チーム全体がいくつかの規則や規制に従う必要があります。•地上10フィートに固定されているフープにボールを入れようとする5人のプレーヤーを含む2つのチームが存在します。 •演奏されるスペースはコートと呼ばれ、フープはコートの両端にあり、中央の線で2つのセクションに分かれています。 •反対の(攻撃的な)チームがボールをミドルコートラインの後ろに置いた場合、ボールがディフェンスチームに届かなければ、コートラインを越えてボールを取得するのに10秒かかります。 •ボールは通常、ドリブルと呼ばれる一連のアクションによって1つのコーナーから別のコーナーに移動され、ボールを保持しているチームはオフェンスと呼ばれ、反対側はディフェンスと呼ばれます。 •ディフェンスは常に攻撃からボールを​​奪い、フープ内にボールを置くことでチームにポイントを獲得しようとします。 ゲーム時計 •各ゲームは異なるセクションに分割され、2つの半分が含まれています。半分のタイミングはプレイヤーのレベルに依存します •大学では、各ハーフが20分間プレイされます。 •高校と高校では、各半分は6分または8分に分かれていますが、プロレベルの場合、最大12分まで延長できます。 •各半分の間には常に7分のギャップがありますが、四半期間の差は比較的短いです。 •ゲームの結果が同点の場合、勝者が現れるまで延長される延長があります。

Read More