skip to Main Content
NBA Players Who Never Won A Championship

NBAファイナルを勝てなかった10人の名選手

過去も現在も多くの名選手が活躍するNBA。しかし、彼らの中には一度もNBAファイナルを勝つことなく、そのキャリアを終えた選手がいます。ここではそんな不運な名選手を紹介していきます。 1. チャールズ・バークレー 言わずと知れた史上最高のPFの1人、バークレー。76ers等に所属し、11度のオールスター出場。1993年にはリーグMVPにも輝いています。彼がファイナルを勝てなかった理由はただ1つ、バスケットの「神」マイケル・ジョーダンと同時代にプレーしたからです。 2. カール・マローン バークレーと同様の理由でファイナルを勝てなかった史上最高のPFがもう1人います。もちろんそれはマローンです。ジャズ等に所属し、NBA史上2位の得点記録、14度のオールスター出場を果たしながら、彼もジョーダンに勝つことはできませんでした。 3. ジョン・ストックトン マローンと来たら、相棒のストックトンも外すことはできません。ジャズ一筋のPGであった彼は、10度のオールスター出場を果たし、マローンと共に2度ファイナルでジョーダンに挑みましたが、勝利をあげることはできませんでした。 4. アレン・アイバーソン 稀代のスコアラー、アイバーソンも、ファイナルに勝てなかった1人です。76ers等で活躍し、10度のオールスター出場。2001年はリーグMVPを獲得しファイナルに挑みますが、当時最強のレイカーズに敗れました。 5. スティーブ・ナッシュ NBA史上に残る名PG、ナッシュもファイナルに勝てませんでした。サンズ等に所属し、オールスターに8度出場した彼は、ファイナルの舞台に立つことすら叶わず現役を終えました。 6. エルジン・ベイラー レイカーズで活躍した伝説的なSF、ベイラーも、ファイナルに勝つことができませんでした。11度オールスター出場を果たし、8度もファイナルの舞台に立ちながら、全盛期セルティクスの高い壁を越えることができませんでした。 7. ジョージ・ガービン スパーズ、ブルズに所属し、9度オールスターに出場したガービンですが、チームメイトに恵まれず、ファイナル出場は叶いませんでした。 8. パトリック・ユーイング ニックス等で活躍し、オールスター11度出場のユーイングも、マイケル・ジョーダンの被害者の1人です。 9. ドミニク・ウィルキンス ホークス等でプレーし、9度オールスターに出場したウィルキンスですが、ブルズの壁を越えることができず、ファイナル進出は叶いませんでした。 10. レジー・ミラー ペイサーズ一筋で活躍し、オールスターに5度出場のミラーも、ジョーダンと戦い、そして敗れました。

Read More
バスケットボール選手

日本の最高のバスケットボール選手

日本のバスケットボールシーンは、野球やサッカーなど、国のTier Aゲームほど人気が​​ないかもしれませんが、伝説のバスケットボールプレーヤーを提供してきた歴史があります。第一世代のバスケットボール選手と、スラムダンクや黒子のバスケットボールなどの漫画に触発された新世代のバスケットボール選手は、これまで以上にやる気を起こさせています。日本のブックメーカーは、2021年のオリンピックでのゲームの宣伝にも熱心です。ここでは、日本からの最高の日本のバスケットボール選手を紹介します。 八村るい 八村ルイはバスケットボールにおいて並外れた並外れた能力を発揮し、新世代のバスケットボール選手に新たな熱意をもたらしました。彼は13歳でバスケットボールに参加し、スタートが遅いにも関わらず、ゴンザガに出場し、NBAドラフトの第1ラウンドでも起草されました。彼は9番のジャージでワシントンウィザーズでプレーし、ビッグリーグでの価値を示しました。彼はまた2021年のオリンピックで日本を代表するでしょう。 渡辺裕太 渡辺裕太は、16歳のときに日本代表チームでキャリアをスタートさせ、その卓越したスキルから「選ばれた」と称されました。彼の父、母、妹もシニア代表チームの選手だったので、彼のスキルを手に入れたことは大きな驚きではありません。渡辺は、日本生まれで初めてディビジョン1バスケットボール奨学金を授与されました。彼はまた、NBAでプレーする2人目のプレーヤーであり、2019年にメンフィスグリズリーズと署名しました。 岡山康孝 1981年にNBAドラフトに日本で初めてバスケットボール選手として選ばれたのは岡山康孝でした。しかし、岡山は自国でプレーしたかったため、オファーを拒否しました。高校時代は柔道の腕前だった。岡山康孝は大阪商科大学でバスケットボールを始め、その後、全国バスケットボールチームの代表に選ばれました。 1979年から1986年までは全国選手としてプレーし、1996年に引退しました。その後、バスケットボールのコーチになり、国際レベルのリーグの新世代選手を育成しました。 ワット三坂 三坂渉またはワットは、NBAでこれまでプレイした最初の色の人物でした。彼は1942年と1943年にウェーバージュニアカレッジで2つの選手権を獲得し、両方の選手権でMVPとなった日米5ポイントの日系アメリカ人のポイントガードでした。彼は彼のゲームのために1943年にジュニアカレッジナショナルプレーヤーオブザイヤーとして受賞しました。 1944年に、ワットはユタ大学に移り、NCAA選​​手権でプレーしました。それから彼は3年間軍に仕え、1947年にNITに勝つためにユタに戻りました。彼は大学の直後にニューヨーク・ニックスでプレーするために起草されました。彼は彼の群衆を喜ばせるゲームスタイルのために「リトルワット」の名前で人気を博しました。

Read More