skip to Main Content
Nba Betting

NBAべッティング攻略法

バスケットボールは素早い攻撃によって目まぐるしく得点数が変わり、ベットをする上で面白い展開が望めるスポーツです。チームは5人の選手によって構成され、ボールを奪い合いながらシュートを決め、得点を挙げていきます。 賭け方の種類 ・マネーべッティングー単純に勝利を予想したチームに賭けることです。 ・ハンディキャップべッティングー実力に差がある場合、それを均等にするためにブックメーカーがハンディをつけ、対戦力が同等になるために調整します。 ・トータルべッティングー合計得点が一定数から上がるか下がるかの予測をして、どちらかに賭けるベットです。 トッププレーヤーとチーム 注目は現役最強選手レブロン・ジェームズで、現在バスケットの神と称されるマイケル・ジョーダンと比較されつつあります。自身4度目の優勝を果たし、15年以上トップレベルのプレーを維持しながらも更なる高みを目指す選手です。彼の所属するロサンゼルス・レイカーズは、NBAの歴史の中でも最も活躍したチームの一つで、ボストン・セルティックスと並んで歴代最多タイとなる17回のNBAチャンピオンになっています。 注目選手と儲けるためのヒント 過酷なスケジュールをこなすうえで、選手のけがや治療過程、トレーニング進行をSNSなどで常にチェックしておくことが大事です。例えばこのコロナ渦の中でも、トレイ・ヤング(ホークス)はヨガ、ピラティス、ハイキングといったプライベートトレーニングをしているため、いつでもプレーできる状態を維持しています。またジミー・バトラー(ヒート)は、13歳からホームレス生活をするも、NBAスターに登り詰めたという強い精神力の持ち主であり、注目の選手です。 誰よりも早く将来性のある選手を見つけることで、ベッティングは圧倒的に有利になります。そこで未来のスター候補を紹介しましょう。爆発的オフェンス力のアンソニー・エドワーズ(ウルブズ)、サウスポーのジェームス・ワイズマン(ウォリアーズ)、本物のハンドリングとパスのうまいラメロ・ボール(ホーネッツ)。さらにドラフトにおいて人材発掘のセンスがあるチームとしては、オクラホマシティ・サンダー、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、シカゴ・ブルズなどがあげられます。   べッティングサイトへ登録する前に考慮すべき点 ブックメーカーの各チームに対する評価が正確であるかチェックしましょう。例えば3点シュートよりペイント内でのシュートの方がより確実な得点方法なので、そういった安定性のあるチームが評価されているか、などです。このように自身で分析したオッズと、ブックメーカーが提供するオッズとの違いを見極めれば、そこに狙いを定めることができるのです。

Read More
NBA Players Who Never Won A Championship

NBAファイナルを勝てなかった10人の名選手

過去も現在も多くの名選手が活躍するNBA。しかし、彼らの中には一度もNBAファイナルを勝つことなく、そのキャリアを終えた選手がいます。ここではそんな不運な名選手を紹介していきます。 1. チャールズ・バークレー 言わずと知れた史上最高のPFの1人、バークレー。76ers等に所属し、11度のオールスター出場。1993年にはリーグMVPにも輝いています。彼がファイナルを勝てなかった理由はただ1つ、バスケットの「神」マイケル・ジョーダンと同時代にプレーしたからです。 2. カール・マローン バークレーと同様の理由でファイナルを勝てなかった史上最高のPFがもう1人います。もちろんそれはマローンです。ジャズ等に所属し、NBA史上2位の得点記録、14度のオールスター出場を果たしながら、彼もジョーダンに勝つことはできませんでした。 3. ジョン・ストックトン マローンと来たら、相棒のストックトンも外すことはできません。ジャズ一筋のPGであった彼は、10度のオールスター出場を果たし、マローンと共に2度ファイナルでジョーダンに挑みましたが、勝利をあげることはできませんでした。 4. アレン・アイバーソン 稀代のスコアラー、アイバーソンも、ファイナルに勝てなかった1人です。76ers等で活躍し、10度のオールスター出場。2001年はリーグMVPを獲得しファイナルに挑みますが、当時最強のレイカーズに敗れました。 5. スティーブ・ナッシュ NBA史上に残る名PG、ナッシュもファイナルに勝てませんでした。サンズ等に所属し、オールスターに8度出場した彼は、ファイナルの舞台に立つことすら叶わず現役を終えました。 6. エルジン・ベイラー レイカーズで活躍した伝説的なSF、ベイラーも、ファイナルに勝つことができませんでした。11度オールスター出場を果たし、8度もファイナルの舞台に立ちながら、全盛期セルティクスの高い壁を越えることができませんでした。 7. ジョージ・ガービン スパーズ、ブルズに所属し、9度オールスターに出場したガービンですが、チームメイトに恵まれず、ファイナル出場は叶いませんでした。 8. パトリック・ユーイング ニックス等で活躍し、オールスター11度出場のユーイングも、マイケル・ジョーダンの被害者の1人です。 9. ドミニク・ウィルキンス ホークス等でプレーし、9度オールスターに出場したウィルキンスですが、ブルズの壁を越えることができず、ファイナル進出は叶いませんでした。 10. レジー・ミラー ペイサーズ一筋で活躍し、オールスターに5度出場のミラーも、ジョーダンと戦い、そして敗れました。

Read More