skip to Main Content
NBA Players Who Never Won A Championship

NBAファイナルを勝てなかった10人の名選手

過去も現在も多くの名選手が活躍するNBA。しかし、彼らの中には一度もNBAファイナルを勝つことなく、そのキャリアを終えた選手がいます。ここではそんな不運な名選手を紹介していきます。 1. チャールズ・バークレー 言わずと知れた史上最高のPFの1人、バークレー。76ers等に所属し、11度のオールスター出場。1993年にはリーグMVPにも輝いています。彼がファイナルを勝てなかった理由はただ1つ、バスケットの「神」マイケル・ジョーダンと同時代にプレーしたからです。 2. カール・マローン バークレーと同様の理由でファイナルを勝てなかった史上最高のPFがもう1人います。もちろんそれはマローンです。ジャズ等に所属し、NBA史上2位の得点記録、14度のオールスター出場を果たしながら、彼もジョーダンに勝つことはできませんでした。 3. ジョン・ストックトン マローンと来たら、相棒のストックトンも外すことはできません。ジャズ一筋のPGであった彼は、10度のオールスター出場を果たし、マローンと共に2度ファイナルでジョーダンに挑みましたが、勝利をあげることはできませんでした。 4. アレン・アイバーソン 稀代のスコアラー、アイバーソンも、ファイナルに勝てなかった1人です。76ers等で活躍し、10度のオールスター出場。2001年はリーグMVPを獲得しファイナルに挑みますが、当時最強のレイカーズに敗れました。 5. スティーブ・ナッシュ NBA史上に残る名PG、ナッシュもファイナルに勝てませんでした。サンズ等に所属し、オールスターに8度出場した彼は、ファイナルの舞台に立つことすら叶わず現役を終えました。 6. エルジン・ベイラー レイカーズで活躍した伝説的なSF、ベイラーも、ファイナルに勝つことができませんでした。11度オールスター出場を果たし、8度もファイナルの舞台に立ちながら、全盛期セルティクスの高い壁を越えることができませんでした。 7. ジョージ・ガービン スパーズ、ブルズに所属し、9度オールスターに出場したガービンですが、チームメイトに恵まれず、ファイナル出場は叶いませんでした。 8. パトリック・ユーイング ニックス等で活躍し、オールスター11度出場のユーイングも、マイケル・ジョーダンの被害者の1人です。 9. ドミニク・ウィルキンス ホークス等でプレーし、9度オールスターに出場したウィルキンスですが、ブルズの壁を越えることができず、ファイナル進出は叶いませんでした。 10. レジー・ミラー ペイサーズ一筋で活躍し、オールスターに5度出場のミラーも、ジョーダンと戦い、そして敗れました。

Read More
バスケットボールのヒント

プレイ時間を増やすための5つのバスケットボールのヒント

バスケットボールは、わずか48分のプレーと15分のハーフタイムの短いゲームです。これは、試合がトーナメントにとって非常に重要である場合、コーチがすべてのプレーヤーをプレーするのに十分な時間ではありません。メインチームでスポットを見つけ、できるだけ多くのプレイタイムを確保することは、志を抱くバスケットボール選手にとって真の挑戦です。では、チームでプレイタイムを増やすために何をしなければならないのでしょうか。学校間のゲームであろうと、選択試験であろうと、より多くのプレイ時間を得るのに役立つヒントを以下に示します。 コーチにあなたの貢献を知らせてください あなたのコーチは、あなたがゲームにどれだけ熱心であるか、そしてどのようにチームが試合に勝つために役立つことができるかを知っている必要があります。あなたはコーチの前に自分がチームの資産になるためのアイディアを置くべきです。次のシーズンに向けて準備するときは、コーチが高く評価する目標よりもチームの目標を優先し、常にチームのポジションに備えるためのアドバイスを求めてください。 あなたの強みに集中する オールラウンダーになる代わりに、あなたはすでに自分が得意なことにもっと時間を割くべきです。あなたがあなたの最高のスキルセットからプレーするならば、あなたはより頻繁にあなた自身がベンチにいるのを見つけるでしょう。すべてを同時に試すのではなく、法廷で何ができるかに焦点を合わせます。自分の強みを改善する一方で、弱みにも時間を割くようにしてください。 料金を取る ゲーム中にだまされて、他の人が主導権を握るのを待つと、コーチが担当してチームのボールを手に入れることができる誰かを見つけます。あなたがアグレッシブにプレーしているとき、あなたの対戦相手はあなたの手にあるときは常にボールをドライブすることをためらいます。 ハッスルしてゲームに戻る ゲーム中に、失敗した試みを先延ばしにするために時間をかけることはできません。失敗した試みから回復するまでに、対戦相手は4人のアクティブプレーヤーのチームに対してポイントを獲得するのに十分な時間を得ることができます。チームの誰かがショットを逃した場合でも、ボールの後に飛び込むことを恐れないでください。コーチは常に、成功したショットよりもボールを取り戻すためにあなたの喧騒を高く評価します。 ボックスアウトを学ぶ あなたがゲームでボクシングをしていなくて、対戦相手にあまりにも簡単に押し付けられるなら、あなたは誰よりも速くベンチに来るでしょう。リバウンドは重要であり、あなたがそれを正しく行っていない場合、コーチは早すぎるカミングアウトを要求するかもしれません。反対に、ボクシングをして対戦相手に苦労を与えていると、ゲームでより長くプレイできる可能性が高くなります。

Read More
ストリーク

東京アパッチの連勝は5でストップ

東京アパッチは1月26日(水)の試合、91対87でライジング福岡に敗れ連勝は5でストップとなりました。 ハーフタイムを2点差を追う形で折り返し、第3クォーター終了時には5点リードと巻き返しに成功。しかし、終盤でのシュート率の悪さが響き逆転され、そこから最後まで追いつくことはできませんでした。 #24仲摩純平選手が7分の4の3ポイントを含む20点でチームトップ。#11青木康平選手が15点、#31ロバート・スウィフト選手が12点15リバウンドのダブルダブル、さらに4ブロックも記録しました。 リバウンド数合計は東京41に対し福岡39と上回りましたが、東京アパッチは試合を通じて20ものターンオーバーを犯しました。 福岡チームでは#3マイケル・パーカー選手が23点。#2ジャトーヴィアス・ヘンダーソン選手が13点10リバウンドを記録しました。 第2戦は27日(木)19時15分ティップオフです!

Read More
バスケットボール用品

すべてのプレーヤーが持つべき5つの必須バスケットボール用品

バスケットボールは、すべての試合で24秒間、48分間、多くのプッシュ、ショルダー、リバウンドが発生することを考えると、最もアグレッシブなゲームになる可能性があります。ボールとフープの本当のハッスルに入るまで、人々はバスケットボールが簡単で楽しいと感じます。ジーンズやシャツのプロの近くでパフォーマンスを期待することはできません。あなたがあなたの球技に真剣に取り組んでいるなら、ここにあなたが今日得ることができる必需品があります。 バスケットボールシューズ すべてのバスケットボール用品で最も重要なのは靴です。マイケルジョーダンが許可されていないため、自分の靴のブランドを履くのに罰金を払ったことをご存知ですか?彼はNBAが最終的に靴をドレスコードの一部として受け入れるまでそれを行いました。彼はプレーヤーが足首の破損のリスクを防ぐために高い足首の靴が必要であることを知っていました。足にぴったりフィットし、足首をしっかりサポートし、コートで滑らないバスケットボールシューズを購入します。 1つの間違った動きは怪我につながる可能性があるので、日光浴ショーでコートで遊ぶことは避けてください。 マウス・ガード プロと対戦しているときでも、カジュアルゲームでハッスルしているときでも、マウスガードが必要です。試合中のひじのために笑顔を台無しにしたくない。マウスガードは、唇、頬、舌、歯をファウルや攻撃的な負担から保護します。あなたの口は、手やボール自体に当たって最も傷つきやすい場所です。常に歯を保護するためのマウスガードを持っていることを確認してください。あなたの歯のために特別に作られたカスタマイズ可能なマウスガードも入手できます。 膝パッドと肘パッド 初心者の方は、ゲームのプッシュやプルを理解していないかもしれません。サッカーと同じように、充電プレーヤーによってコートから投げ出される可能性があります。膝パッドと肘パッドは、床に落ちた場合に腕と脚を保護するのに役立ちます。悪い決断と足の骨折は、バスケットボールのキャリア全体を終わらせることができます。怪我をする可能性を制限するために、手と足が適切に保護されていることを確認してください。 スポーツショーツ ゲーム中はコート内を自由に移動する必要があります。伸縮性を制限せずに簡単に移動できるように、ゆったりしたショーツを着用してください。ボールで適切にダッシュできず、脚の間でドリブルできないため、ポイントを失うことはできません。   保護メガネ 保護メガネを着用すると、顔を怪我からさらに保護するのに役立ちます。視力が不明瞭になる可能性があるため、多くのプレーヤーはこれを好みませんが、警告なしに顔面の怪我が発生する可能性があります。ゲーム中にメガネが壊れないように、普段からメガネをかけている場合は、グラスガードを購入することもできます。

Read More
復讐

東京アパッチ、ライジング福岡にリベンジ

1月27日(木)東京アパッチは前日の接戦での敗戦を見事リベンジ。92対72で福岡に圧勝しました。 #24仲摩 純平選手が前半のみでの18点を含む試合計20点でチームをリードしました。#11青木 康平選手は4本放ったすべての3ポイントを決めたのを含む16点、#31ロバート・スウィフト選手は13点10リバウンドで再びダブルダブル、#8ジェレミー・タイラー選手は6点13リバウンドを記録しました。 ボブ・ヒルヘッドコーチはいつものスタートの5人のうち#00バイロン・イートン選手を#9田中 健介選手に、#4ケンドル・ダーテズ選手を#20マイケル・シャペール選手に変更。ハーフタイムの時点で46対42と折り返し、第3クォーターでは29対12のスコアで点差をつけました。仲摩選手は後半の早い段階でチームがテンポにのった後は、膝の痛みからベンチで大事をとりました。 対する福岡では#3マイケル・パーカー選手が20点、#2ジャトーヴィアス・ヘンダーソン選手が12点13リバウンドを記録しました。

Read More